HOME偽の通販サイト不正送金身を守るにはトラブルになったら

インターネットバンキングの不正送金

インターネットバンキングの主な手口として2種類の手口を紹介

警視庁の発表によりますと、2014ねんのインターネットバンキングの不正送金の被害額は約29億円だったそうです。 自分は大丈夫、なんて思っている方に限って不正送金の被害にあったりするものです。 こちらではインターネットバンキングの主な手口として2種類の手口を紹介します。

・フィッシング詐欺
実在する金融会社やクレジットカード会社になりすまし、偽のメールなどを利用者に送ります。 そして、そのメールに記載されているURLで本物の公式ページに似せたホームページへ誘導し、アカウント情報などを入力させるという手口です。

そうすることで得たIDやパスワードで犯罪者が本物の公式ページに堂々と侵入し、犯罪集団の保有する口座へお金送金するのです。 あとはお金をおろしてしまえば、気づかれないうちにお金をいただけるという手口となっております。 悪用されたアカウント情報などは他の犯罪者に売られるといったこともあり、二次被害にあうこともあります。 こういったフィッシング詐欺を防ぐためにも、不審なメールなどに騙されないようにしなければなりません。

・不正送金ウィルスによる送金
コンピュータウィルスには不正送金ウィルスと呼ばれるものがあります。 詳しい説明などはここでは省略しますが、簡単に説明すると、このウィルスに感染したままインターネットバンキングにログインすると、ウィルスによって不正送金が実施されてしまうのです。 数十万〜数百万円といった被害も出ていますのでこうしたウィルスにも警戒が必要です。 不正送金ウィルスを防止するには、日頃からコンピュータにウィルス対策のソフトを入れておくなどの対策が必要となります。

以上のような手口で毎年インターネットバンキングの不正送金の被害が発生しているのです。

Copyright (C) ネット詐欺の手口と防衛策. All Rights Reserved.