HOME偽の通販サイト不正送金身を守るにはトラブルになったら

トラブルになってしまったら

ネット詐欺のトラブルに遭遇した場合の対処法について

どんなに万全に対策していても、ネット詐欺の被害にあってしまうことはあります。 そうした詐欺の被害に遭ってしまった時はどうしたらいいのでしょうか? 以下にネット詐欺のトラブルに遭遇した場合の対処法について説明します。

・不審な点があったらクレジットカード会社や銀行に問い合わせる
購入した覚えがない、送金した覚えがないのに履歴をみると大量のお金が移動していると気づいたら、それは詐欺被害にあった可能性が高いです。

まずはクレジットカード会社や銀行にその送金や出金が本当に正しいのかを問い合わせてみましょう。 その際に、詐欺被害にあった心当たりなどについても聞かれると思いますので、心当たりを打ち明けておきましょう。 カード凍結などの手続きについて説明してくれると思いますので、落ち着いて相談しましょう。 まずは、クレジットカード会社や銀行に問い合わせて、二次被害を抑えていくことが大切です。

・警察に被害届を提出する
確かに詐欺被害にあっていると思ったら、警察に被害届を出しましょう。 大事にしたくないかもしれませんが、被害届を出しておかないと騙し取られたお金は返ってきません。 ここでも二次被害を抑えるための手順を説明してくれると思いますので、手続きに不足がありましたら指示に従っておきましょう。 また、自分のパソコンがウィルスに侵されている可能性なども相談すれば、然るべき処置法を教えてくれるはずです。

・他にも被害にあっていないか確かめる
二次被害を抑えるためにカードなどを凍結したら、他の被害についても調べておきましょう。 案外、気づかないうちに少しずつお金が減っていたということもありえます。 自分自身が現在どういった犯罪に巻き込まれているかを確認しておきましょう。

ネット詐欺に関するトラブルに巻き込まれた時は、以上のような手順を踏んで対処しましょう。

Copyright (C) ネット詐欺の手口と防衛策. All Rights Reserved.